イノベーション創出支援

イノベーション創出支援

概要

イノベーション創出部門は、医療イノベーションの創出・推進を目指し、2017年8月1日に設置された臨床研究・イノベーション推進センターの一部門として設立しました。
研究シーズ・医療ニーズを対象に、基礎段階から実用化に至るシームレスな支援を行うことで、研究成果の社会実装を加速させます。

医療イノベーション創出に当たっては、薬事レギュレーションを熟知した上で医薬品・医療機器等の開発に携わることが、より優れた製品の開発の早道と考えています。
レギュレーションを制する者はイノベーションを制する

業務内容

医療ニーズ探索支援
  企業や研究機関等による医療現場における医療ニーズの探索支援
研究シーズ探索・マッチング支援
  研究シーズと開発企業とのマッチングなど、産学連携の支援
開発ステージに応じた助言等(研究倫理に関する助言・支援を含む)
  基礎研究から臨床研究、治験とステージに沿った開発戦略の企画・立案の助言
薬事支援
  薬事行政相談(レギュラトリーサイエンス総合相談等)への対応支援
倫理審査申請に関する支援 各種委員会(生命医学系・CRB・再生医療・COI)への申請についての支援

ご希望に応じて必要な相談・支援に対応するため、医学研究科担当URAと連携して、「イノベーション創出支援相談」を実施しています。

お問い合わせフォームは2か月に1度メンテナンスが発生します。
アクセス出来ない場合は2時間程度時間を空けてアクセスして下さい。